一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

火事&地震対策@一人暮らし:電気を安全に使う極意

電気製品の消費アンペアを知っておこう

各家庭で使える電気の量は、電力会社との契約によって決められています。ブレーカーの上に書かれている数字がそれで、一人暮らしの場合だと、30Aという人が多いはずです。

それ以上の電流が流れると、ブレーカーが落ちて、自動的に停電するわけですが、パソコンやワープロを使っているときに停電すると、かなりまずい状況になります。

それにタコ足配線だけで15Aを超えれば、コードがショートしてしまいます。

そんなことにならないためには、使っている電気製品の消費アンペアを知っておいたほうがいいのです。たとえば”電気食い”の大物を並べると、こんな具合になります。

・エアコン(8畳用)・・・冷房7A〜暖房15A
・電子レンジ・・・10A
・アイロン・・・8A
・ドライヤー・・・5〜10A
・炊飯器・・・8A
・掃除機・・・3〜10A
・電気ごたつ……1〜5A
といったところです。

とくに”加熱系”の電気製品を同時に使うと、ブレーカーが落ちることもあるから要注意です。

しょっちゅうブレーカーが落ちるようなら、電力会社と相談して、契約アンペアを上げてもらった方がいいかもしれません。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技


火事&地震対策@一人暮らし:電気を安全に使う極意

タコ足配線は15Aまで

これだけ電気製品が増えると”タコ足配線”は、もはや常識です。

しかし、一つのコンセントで同時に使う電気の量は、15A(アンペア)までにしておくことです。

それ以上の電気を一度に使うと、コードがショートしたり、高温になって燃えだすこともあります。

電気製品は取扱説明書を見て、消費電力をチェックしておくことが大切です。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。