一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

病気&ケガ対策@一人暮らし:ケガをしたときの応急処置

ぎっくり腰は絶対安静のこと

ぎっくり腰になったら、とにかく動かないことです。病院に行こうとして歩いたり、腰のストレッチなどすると、症状が悪化して治りが遅くなってしまいます。

ギクッときたら、静かな動作で仰向けに寝て、ひざを軽く曲げます。このとき、可能なら、カイロ電気毛布で患部を温めてやると痛みがやわらぎます。

しばらく安静にして、動けるようになってからタクシーを使って整形外科に行きましょう。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技


病気&ケガ対策@一人暮らし:ケガをしたときの応急処置

火傷がひどいときはすぐ医者ヘ

火傷は、その症状によって度数がつけられています。

いちぼん軽い1度は赤くなってヒリヒけする程度です。
水ぶくれができたら2度、ヤケドした皮膚が白くなってしびれるようなら3度の重症です。

2度、3度のヤケドは、先に説明した応急処置で冷やしたら、すぐに病院に行くことです。

放っておくと細菌感染することがあるので、軽く考えてはいけません。

また、全身の15%以上の火傷は命にかかわる問題です。すぐ救急車を呼ばねばなりません!





一人暮らしの裏技・小技・隠し技

病気&ケガ対策@一人暮らし:ケガをしたときの応急処置

ヤケドの応急処置方法

ヤケドをしたら、とにかく早く冷やすことが大切です。
ヤケドした部分を水道の蛇口の下にもっていき、流水をあてて冷やします。
痛みが消えるまで10〜20分は冷やし続けることが大切です。

また、服の上からヤケドをして、服が皮膚にくっついてとれない場合があります。そんなときは無理にはがさないことです。一緒に皮膚まではがれかねません。

そういう場合は、ひとまず服を着たまま水をかけて冷やし、そのあとハサミでそっと切り開きます。

それでもとれないようなら、病院に行って処置してもらいましょう。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技

病気&ケガ対策@一人暮らし:ケガをしたときの応急処置

切り傷はまず止血を心がける

ちょっとした切り傷なら、傷口をきれいに洗ってから消毒し、バンドエイドを貼るか、滅菌ガーゼをあてて包帯をしておけば大丈夫ですが、傷口が深く、出血がひどい場合は、すぐに止血をする必要があります。

自分一人でやる場合は、清潔なガーゼかハンカチを傷口にあて、血が止まるまで強く押さえます。この時、傷口を心臓より高い位置にすると、止まりやすくなります。

この方法で血が止まらないときは、かなり重症です。
まず、傷口より心臓に近いところで、脈のとれる部分を探し、そこを指で強く圧迫して止血します。

この応急の止血をしたら、とにかく早く病院に行きましょう。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。