一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

らくらく掃除術@一人暮らし:キッチン用品のピカピカ術

フライパン掃除にお茶パック

フライパンにコゲや油汚れがいっぱいついてしまったときは、使い終わったお茶パックの出番です。

フライパンがまだ熱いうちに、ぬれたままのお茶パックで汚れをこすります。

あとはキッチンペーパーで拭けば、水洗いをする必要もありません。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技


らくらく掃除術@一人暮らし:キッチン用品のピカピカ術

密閉容器の二オイをとる方法

密閉容器にキムチや魚、カレーなどを入れておくと、使い終わったあといくら洗ってもしみついたニオイが落ちなくなってしまいます。

そんなときは野菜クズを密閉容器にいっぱいに詰め込んで、ふたをして一晩おきます。その時の野菜クズはキャベツや白菜の芯、にんじんの皮のような、あまりクセのない野菜にしてください。翌朝には完全にニオイが消えています。

野菜クズの代わりに焦がしたパンでも代用できます。硬くて食べられなくなったパンをオープンで黒く焦げるまで焼き、これを粉々になるまで砕き、そのまま密閉容器に底が隠れるぐらいまで入れます。あとはこのまま1日置おけばOKです。
焦がしたパンが脱臭剤活性炭と同じ働きをしてくれるのです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:キッチン用品のピカピカ術

魚焼きグリルは使う前に汚れ防止

魚焼きグリルを洗うのは意外に面倒ですが、洗剤を使わずにしかもラクに汚れを落とす裏ワザがあります。

ポイントは魚を焼くときにグリルの受け皿に、水道水ではなく、「米のとぎ汁」を入れておくことです。
こうしておくと、調理中に魚の脂が落ちても、米のとぎ汁に含まれたデンプン質が、油分やイヤなニオイを包み込んでくれるのです。

使い終わったら、グリルの網を逆さにして、受け皿のとぎ汁に5分ほどつけておきます。そのあと、網をタワシで軽くこすると、魚の脂やコゲなどの汚れが簡単に落ちてくれます。
受け皿のほうは、水で洗い流すだけで十分きれいになります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:キッチン用品のピカピカ術

電気ポットの湯アカを取る方法

ポットの中の湯アカ取りには酢を使います。
ポットにたっぶりの水を入れ、カップ一杯の酢を足してスイッチを入れ、一晩そのままにしておきます。

翌朝、湯を捨てて中を水洗いした後にふつうに水を沸かしてもう一度お湯を捨てます。これでポットの水アカはきれいに落ちます。

水アカとは、水に含まれているカルシウムが固まったものです。酢にはカルシウムを溶かす性質があるのです。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:キッチン用品のピカピカ術

グラスを輝かせる簡単ワザ

グラスは、洗ったあと水ですすいでしまうと、水アカが点々とついて、見た目にもあまりきれいではありません。

そこで洗剤で洗ったら、40度ぐらいのお湯をかけて、そのまま逆さにして置いて自然乾燥させましょう。
ピカピカのグラスで飲むビールは、最高の泡立ちが期待できます。

また、長い間しまってあって曇ってしまったグラスは、大きめの麻布で全体を包み込むように拭くと、簡単にきれいになります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:キッチン用品のピカピカ術

まな板をいつも清潔に保つコツ

食べ物が直接触れるまな板は、できるなら中性洗剤や漂白剤を使いたくないものです。
そこで、薬品類を使わずにまな板をいつもきれいにしておくコツを紹介します。

まず、まな板はいつも水でぬらしてから使うことです。こうすると、汚れもニオイもつきにくくなります。
肉や魚を切ったあとのまな板は、決して湯で洗ってはいけません。タンパク質が固まって汚れがかえって落ちにくくなります。

ふだんの手入れは、塩を使ってタワシで両面をこすり洗いをします。細かい表面のキズに入っている汚れまでも落とせてしまいます。

それでも落ちない黒ズミは、レモンの切れ端でこすります。そのあと、10分ほど待って水で洗い流すと、きれいになります。レモンのクエン酸には漂白効果があり、レモン油にはカビを殺す殺菌効果があるのです。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:キッチン用品のピカピカ術

鍋のコゲつきはこうして落とす

せっかくはりきって調理したのに鍋をコゲつかせてしまった。こんなとき、コゲつきを簡単に落とす方法があります。

まずコゲついた鍋に水を入れます。
そこに台所用洗剤を入れて沸騰させること10分、泡が立ってコゲが水に溶け出してきたら、湯を捨ててスポンジで軽くこすれば、コゲつきはラクに落ちます。
タワシで強くこすらないから、鍋を傷つけることもありません。

ただし、この方法はコゲつきができてすぐでなければ効果はありませんのでコゲつかせてしまったら素早くやってください。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。