一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

簡単クッキング@一人暮らし:オーブントースターの便利ワザ

電子レンジと合体型がいい?

最近は、オーブントースター機能のついた電子レンジが多く発売されています。値段は安いものだと2万円くらいします。かたや、ただのオーブントースターは数千円で買えます。

電子レンジの便利さを考えると、高くても前者のほうが魅力的ですが、ただのオーブントースターをあなどってはいけません。

たとえばトースト。電子レンジ型のものは空間が広いため、パンが焼けるまでかなり時間がかかってしまいますが、小さなオーブントースターはずっと早く焼けます。

もちろん電子レンジオーブントースターを別々に買うのは、スペースの関係でムダという考え方もありますがどちらにするかは最後はあなた次第というところでしょうか。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技



簡単クッキング@一人暮らし:オーブントースターの便利ワザ

硬いフランスパンを焼きたてにするコツ

バゲットなどの硬いフランスパンも、オープントースターを使うと焼きたての味になります。

全体に水をふりかけてからアルミホイルに包んで3〜4分加熱。その後、ホイルをはずして1分弱加熱するだけです。

表面はパリパリ、中はふっくらして、まさに焼きたての味がよみがえります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

簡単クッキング@一人暮らし:オーブントースターの便利ワザ

この料理の温め直しにぴったり

冷たくなった料理の温め直しというと電子レンジを使う人が多いのですが、実はオーブントースターを使ったほうがおいしくなるものもあります。

たとえば天ぷらやフライなどの揚げ物。電子レンジで温め直すと、衣がベチャッとしてしまいますが、オーブントースターでは水分が蒸発しやすいため、衣がパリッとなります。下にキッチンペーパーを敷いておくと、余分な油も抜けます。

このほか、タイ焼きや今川焼なども、手で水をかけてから加熱すると、表面がパリッとなっておいしくなります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

簡単クッキング@一人暮らし:オーブントースターの便利ワザ

ホイルを使えば何でもできる

何でもホイルに包んでオーブントースターで焼けば、しっかりした料埋も手早く作ることができます。

たとえばサケのマヨネーズ焼き。
塩・コショウして下味をつけたサケを、油を敷いたアルミホイルに置きます。サケの上にマヨネーズをつけ、アルミホイルでしっかり包んで10〜15分焼くだけです。

ホイルの中身を白身魚にして、刻んだ野菜、レモンをのせて焼いてもOKです。ホイル焼きは中身を変えれば、簡単にレパートリーを増やすことができます。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

簡単クッキング@一人暮らし:オーブントースターの便利ワザ

朝食はトースターにおまかせあれ

オーブントースターがあれば、忙しい朝の準備をしている間に複数の料理がつくれてしまいます。
たとえば、食パンの上にマヨネーズで円を描き、その中に卵を落とす。これをアルミホイルにのせてオーブントースターに入れ、ホイルの空いたスペースにはソーセージやプチトマトを並べて焼きます。

朝の準備が終わるころには、エッグマヨネーズトーストと、つけ合わせの野菜が同時に完成しているわけです。

忙しい朝には、オーブントースターの手軽さはじつに貴重です。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。