一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

エアコンの上手な使い方

それでも熱くて眠れない、窓も不用心で開けられない・・・というのなら、エアコンをかけて眠るしかない。
しかし、一晩中、かけっぱなしというのでは電気代がかかるだけでなく、風邪をひくもとにもなる。
かけて眠るなこり、タイマーで1〜2時間後には切れるようにセットしておくこと。夏とはいえ、夜明けはけっこう冷えることも多いのだから。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技


節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

敷布団の上にコザをひく

敷布団の上にゴザを敷いて寝ると、通気性がよくなってエアコンをかけなくても寝やすくなります。

ゴザはシーツの上でもシーツの下でも、それはお好みでやってみてください。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

寝苦しい夜の上掛けはシーツで

夏の上掛けといえば、タオルケットが普通ですが、シーツの方がもっと涼しく眠れます。

とくに寝苦しい熱帯夜は、シーツを冷蔵庫で30分ほど冷やしておくという奥の手もあります。是非お試しあれ。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

ベランダの照り返しを防ぐコツ

コンクリートのベランダは、熱をもちやすく、その照り返しもきついものです。

人工芝を貼ると、熱がこもりにくく、見た目も涼しげ。水をまくと、打ち水の効果も大です。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

西日のあたる窓にはこれを貼る

西日があたる部屋は、夜になっても熱がこもって暑苦しいものです。

こんなときは、窓の内側にクルマ用の熱吸収フィルムを貼るという手もあります。
さらに外から見えにくくなるので、部屋の目隠しにもなります。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

冷却効果のある観葉植物を利用する

ゴムアロエなど、葉の厚い観葉植物には冷却効果があります。西日のあたる窓辺などに置くと効果があります。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

ガス代を節約する簡単なコツ

<台所編>
・ガスコンロの火加減はいつも中火にする。
(例外は、中華鍋でつくる炒め物くらい。鍋の底から炎がばみ出すのはムダです。)
・食器を洗うときの湯沸かし器の温度をできるだけぬるめに設定する。

<浴室編>
・風呂ほ沸いたらすぐに入る。
・シャワーを流しっばなしにしない。

<暖房器具編>
ファンヒーターは設定温度を低く。
・厚めのカーテンをして、熱を逃がさない。
・フィルターをこまめに掃除する。
こたつの掛け布団は厚いものを。(薄ければ、もう1枚かける。)


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

部屋全体の上手な省エネテクニック

家族と一緒のときは気にならなくても、一人暮らしとなると料金のことが多少気になってくるのが光熱費です。以下、主婦なら常識(?)の省エネテクニックを紹介します。

エアコン編>
・オフシーズンはプラグを抜く
フィルターをこまめに掃除する
・設定温度を夏は高く、冬は低く

テレビ編>
・リモコンで消さずに主電源で消す
・画面を必要以上に明るくしない

冷蔵庫編>
・ぎゆうぎゆうに詰め込まない
・ドアの開け閉めはすばやく
・熱いものは冷ましてから入れる

照明編>
・蛍光灯はインバーター式に
・白熱電環から電球型蛍光ランプ
・まめに消す



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:電気・ガス代を抑える

エアコンはいちばん電気代を食う

熱い夏はエアコンをガンガン効かせて・・・というのでは、体にも悪いし、電気代もバカになりません。エアコンは電化製品の中でも、いちばん電気代を食うものなんです。そこで以下、熱い夏を涼しく過ごすコツをご紹介します。
これでエアコンの使用頻度は、かなり抑えられるはずです。

・冷却効果のある親葉植物を利用する
ゴムアロエなど、葉の厚い観葉植物には冷却効果があります。西日のあたる窓辺などに置くと効果大です。

・西日のあたる窓にはこれを貼る
西日があたる部屋は、夜になっても熱がこもって暑苦しいものです。こんなときは、窓の内側にクルマ用の熱吸収フィルムを貼るという手もあります。外からも見えにくくなるので、部屋の目隠しにもなります。

・ベランダの照り返しを防ぐコツ
コンクリートのベランダは、熱をもちやすく、その照り返しもきついものです。
人工芝を貼ると、熱がこもりにくく、見た目も涼しげになります。さらに水をまくと、打ち水の効果も大きいのです。

・寝苦しい夜の上掛けはシーツで
夏の上掛けといえば、タオルケットが普通ですが、シーツの方がもっと涼しく眠れます。とくに寝苦しい熱帯夜は、シーツを冷蔵庫で30分ほど冷やしておくという奥の手もあります。

・敷布団の上にゴザをひく
敷布団の上にゴザを敷いて寝ると、通気性がよくなってエアコンをかけなくても寝やすくなります。
ゴザはシーツの上でもシーツの下でも、それはお好みで決めてください。

エアコンの上手な使い方
それでも熱くて眠れない、窓も不用心で開けられない・・・というのなら、エアコンをかけて眠るしかありません。
しかし、一晩中、かけっぱなしというのでは電気代がかかるだけでなく、風邪をひくもとにもなってしまいます。
かけて眠るのならば、タイマーで1〜2時間後には切れるようにセットしておくことです。夏とはいえ、夜明けはけっこう冷えることも多いものです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。