一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

節約シングルライフ@一人暮らし:食費をおさえる買い物術

一度開けた缶詰をムダにしないコツ

一人暮らしにとって、缶詰は”あると便利な常備品”だが、一人では食べきれないこともよくあります。

こんなときは、かならず密閉容器かガラス容器などに移し替えてラップをし、冷蔵庫で保存することです。

一度開けた缶詰は、缶に入ったままだと非常に腐りやすいのです。ただ別の容器に移し変えても、2日以内に食べきることを心がけるべきです。
一人暮らしの裏技・小技・隠し技


節約シングルライフ@一人暮らし:食費をおさえる買い物術

コンビニの生鮮食料品はここに注意

コンビニの弱点は、肉や魚、野菜などの生鮮食料品です。
買い忘れたときには便利なのですが、鮮度だけには気をつけたほうがいいでしょう。

コンビニではこの手の食品を買う人が少ないため、どうしても鮮度が落ちやすくなります。
買うときは、製造年月日や賞味期限をちゃんとチェックするをお忘れなく。
一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:食費をおさえる買い物術

お惣菜を安く買うには

これは主婦にとっては常識なんですが、閉店間際のスーパーやデパ地下では、生鮮食料品やお惣菜が、たいてい半額近くになります。

一人暮らしでも、これを利用しない手はありません。

ふだんは手が出ない高級惣菜も半額なら大丈夫です。一品加えるだけで、夕食のメニューが豪華になります。
一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:食費をおさえる買い物術

安い食材のレシピ集をつくる

自炊初心者はまとめ買いはしないほうがいいと言いましたが、本格的に自炊をして、食費を浮かせようとするなら、やはり食材はある程度まとめて買ったほうがお得です。

ただし、そのためには、たとえばキャベツ一つで、ロールキャベツ、一夜清け、サラダ、野菜炒め・・・くらいのメニューがさっとつくれるようでないとツライところです。

その日のメニューというのは、いざとなるとなかなか思い浮かばないものなので、素材別の簡単なレシピ集をつくっておくことをおすすめします。

ちなみに、残ったキャベツや白菜を保存するときは、湿らせた新聞紙にくるんでから冷蔵庫の野菜室に入れておくと日保ちがします。
一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:食費をおさえる買い物術

生鮮食料品はスーパーで買わない

スーパーの便利さはいうまでもありませんが、一人暮らしの自炊初心者が生鮮食料品を買うときは、個人商店のほうをおすすめします。

スーパーでは、肉や魚はパック詰めされて売られていて、一回では食べきれないことのほうが多いのです。その点、個人商品なら、挽き肉50グラムといった買い方もできます。野菜もたいていスーパーより安いんです。

店の主人と顔なじみになれば、オマケしてもらえることもあったりします。






一人暮らしの裏技・小技・隠し技

節約シングルライフ@一人暮らし:食費をおさえる買い物術

まとめ買いは損をする

食費を浮かせるコツといえば、まとめ買いがよくあげられますが、一人暮らしの経験が浅い人は、一回で食べきれる量を買ったほうがいいのです。

たとえばカレーをつくるときは、タマネギやニンジン、ジャガイモなどのパック野菜を利用すれば、野菜が残りません。結局、腐らせるより得なのです。

肉や魚も、余ったものを冷凍するよりは、その日に食べきる分だけを買ったほうがおいしく食べられるのです。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。