一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

趣味&遊び術@一人暮らし:室内の上手な水やり方法

長期の留守はタオルで水やり

留守中の水やりのもう一つの方法はタオルを使うというものです。

まずプランターや鉢の横に水を入れたバケツを置きます。その中に古くなったタオルの片方の端を入れ、もう一方の端はプランターや鉢の土に浅く埋めます。バケツをちょっとした台にのせて、水面が土の表面よりも高くなるようにします。
すると、毛細管現象で水はタオルを伝わり、バケツから土へとゆっくりと移動していきます。

この方法は、かなり長期間の留守でも大丈夫です。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技


趣味&遊び術@一人暮らし:室内の上手な水やり方法

留守中の水やりはペットボトルで

一人暮らしで植物を育てるとなると、困るのは水やりです。実家に帰るとか、旅行や出張で2〜3日家をあけるとき、その間の水やりはどうするか?

植物の鉢の数が少なければ、玄関の外に出して管理人に世話を頼むという手がありますが、そのたびにお礼のおみやげを買って帰ったりと、なかなか面倒です。

こんな時の為にお手製の「留守番おまかせ自動水やり器」をつくるのはどうでしょうか。
作り方はペットボトルかマヨネーズの空き容器の上下に、細めのキリで穴を一つずつあけます。これに水を入れて逆さまにプランターや鉢に突きさせばOKっです。コツは、土に突きさすとき、斜めにさすことです。こうすると、一気に水が出ないし、また、土全体にまんべんなく水が行き渡るようになります。

季節や天候にもよりますが、目安として、マヨネーズの普通容器なら3日分。1.5?gのペットボトルなら6日分の水が入ります。留守にする時期や期間、鉢の大きさに応じて容器を使い分けましょう。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技

趣味&遊び術@一人暮らし:室内の上手な水やり方法

手作りのプッシュ式じょうろが便利

500mlのペットボトルに、まず水を入れます。
これに、細めのキリで7〜8か所穴を開けたふたをしめると、ボディを利き手でペコペコ押して使うプッシュ式じょうろになります。

単純な仕組みですが、使い勝手は抜群です。狙った所をめがけて水をやれるので、茂った葉の根元にもかけやすくなります。ボディの握り加減で、水の量が簡単に調節できます。こうした特徴を生かして、濃縮栄養剤を薄めた液を入れて使うのにも適している。

水入りと栄養剤入りの、2種類のジョウロセットをつくって、いつも鉢やプランターの横に置くようにします。こうすれば気づいたときに、手軽に水や栄養剤をやれるから、部屋のグリーンをいつもイキイキさせておくことができます。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

趣味&遊び術@一人暮らし:室内の上手な水やり方法

シャワーキャップで水漏れ防止

部屋の中で鉢植えの植物に水をやると、やった水が鉢の底からしみ出て床が水びたしになってしまいます。しかし、水やりのたびに植物をベランダやお風呂場に移動させるのは面倒なものです。

そこで、活用したいのがシャワーキャップです。使い方は、鉢の下にシャワーキャップをすっぽりかぶせておくだけです。これなら、床の上でも、どこかに吊るしておいたままでも鉢に水をやることができます。

最近のシャワーキャップは、カラーバリエーションも豊富にありますので鉢や花の色とコーディネー卜すれば見た目にも楽しいものです。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。