一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

すっきり収納@一人暮らし:靴を傷ませずにしまう知恵

シューキーパーを簡単につくるコツ

お気に入りの革靴は、型崩れしないようシューキーパーを使いたいところですが、このシューキーパー、市販のものを買わなくても手作りすることができます。

一つは、古い靴下に、古ストッキングなどを詰めて、口をヒモやリボンでしばります。このとき、お菓子についている乾燥剤も一緒に入れておくといいでしょう。

もう一つは、丸いペットボトルの上の部分を切り取り、かまぼこ形に整えたものをシューキーパー代わりにする方法です。
ボトルの丸いカープは、靴の甲の部分(靴の上側)にぴったりフィットします。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技


すっきり収納@一人暮らし:靴を傷ませずにしまう知恵

ブーツの保管に使える意外なモノは?

ブーツの保管にぴったりなのが、円柱形のポテトチップスの空き箱です。

シーズンオフに収納するときだけでなく、シーズン中も帰ってきたらブーツの中に空き箱を入れておくだけで、ブーツのシワや型崩れが防止できます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:靴を傷ませずにしまう知恵

革靴をカビから守るラクラクお手入れ

革靴は長く履かないとカビ臭くなる。よそいきのおしゃれ靴をこれでダメにする人も多い。そんなことにならないためには、新しい靴を買ったら、まず防水スプレーをかける。そして、ときどきかけなおす。防水膜が、水気だけでなく、ほこりやキズからも靴を守ってくれる。
靴底も革の場合は、靴底にも靴クリームをたっぶり塗っておこう。雨のしみ込みを防いでくれる。
そのうえで、めったに履かない靴は、台所用のラップでしっかり包んでしまっておく。これでカビ臭くなる心配はまずない。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:靴を傷ませずにしまう知恵

靴の湿気をとる便利ワザ

靴のニオイのもととなる湿気をとるには、一日履いた靴を玄関のタタキで休ませるのが基本ですが、このとき、菓子や海苔についてくる乾燥剤を靴のつま先に入れておくと、さらに効果的です。

また、古靴下やストッキングにハーブの葉を詰めて靴の中に入れておくと、湿気やニオイを防ぐばかりか、ハーブのよい香りまで靴に移ります。ハーブを買うときは、ハーブショップの店員に防虫、防臭効果の高いハーブを選んでもらうとよいでしょう。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:靴を傷ませずにしまう知恵

30分で靴の二オイを消す裏ワザ

一日中履き続けた靴を玄関で脱いだとたんにひどいニオイ!
そんなときは、10円玉を5〜6枚靴の中に入れて一晩おくと、ウソのように靴の悪臭が消えます。

10円玉の代わりに石けんを入れてもいい。頑固なニオイでも3日ぐらいで必ず消えます。石けんにも二オイが移りますが、しばらく風にあてておけばそのニオイも消えます。

最後に、出かける30分前でも間に合う究極の消臭ワザを紹介します。搾りたてのレモン汁をしみ込ませたガーゼを靴の爪先に入れておきます。30分もすれば窓臭は消えて、レモンのさわやかな香りが。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:靴を傷ませずにしまう知恵

玄関で一日休ませてからしまう

一日履いた靴は、汗を吸っているため、すぐにしまうとカビや悪臭の原因になります。

履いた靴は一日くらいは玄関に出したままにして乾燥させ、汚れをはらってから下駄箱にしまうようにしましょう。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。