一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

すっきり収納@一人暮らし:小さな下駄箱を大きく使う知恵

下駄箱特有のニオイを消すコツ

下駄箱はそもそも通気性が悪いものです。
そこに湿気のある靴を入れれば、どうしても梅雨時や夏にはカビが生えやすくなってしまいます。

下駄箱がカビ臭くなってきたら、晴れた日を選んで、まず消毒用アルコールで中を拭きます。水拭きをしたあと、扉を開け放してよく乾燥させると、ニオイはすっきりなくなります。さらに、仕上げに防水スプレーを全体に吹きつけると、カビが生えにくくなります。

また下駄箱特有のイヤなニオイを防ぐには、出がらしのお茶っ葉を乾燥させて、古ストッキングに詰めたものを入れておいてもOKですす。お茶っ葉には悪臭を消す効果があるからです。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技


すっきり収納@一人暮らし:小さな下駄箱を大きく使う知恵

湿気をこもらせない簡単ワザ

下駄箱は湿気がこもりがちな場所です。
何もしないでおくと、どうしても靴がカビやすくなります。
もっとも簡単な湿気対策は下駄箱の棚に新聞紙を敷いておくことです。
新聞紙が湿気を吸ったら、新しいものと取り替えるのをお忘れなく。








一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:小さな下駄箱を大きく使う知恵

扉の裏側を利用するアイデア

玄関には、靴以外にもスリッパ、傘、靴ベラ、宅配便用の認め印など、いろんな小物が置かれがちになります。

こうしたモノをすっきりと収納するには、下駄箱の扉の”裏側”を利用すると手があります。

たとえばスリッパは、扉の裏に幅広のゴムを画びょうで留め、そこに差し込んでおけばOK。このほか、扉の裏にフックや紙箱のポケットをつければ、折り畳み傘や印鑑などの小物をきれいに収納することができます。






一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:小さな下駄箱を大きく使う知恵

靴の空き箱を使って”二段活用”

ワンルームマンションアパートの玄関はつくりが非常に狭いし、下駄箱も小さいものです。玄関に靴があふれるのもやむなしというところですが、ちょっと頭を使えば、下駄箱の収納力を2倍にすることができます。

下駄箱の仕切り棚の高さに余裕があれば、靴の空き箱(ティッシュの箱でもいい)を使って1段の棚を2段にすることができるのです。

方法は、靴箱の側面を切り落として、切り口をガムテープでくるむだけです。これを棚に置けば、靴箱の中に1足、靴箱の上にもう1足、靴を置くことができます。






一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。