一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

身だしなみ術@一人暮らし:意外なもので簡単シミ抜きのコツ

靴下の汚れはビー玉で落とす

なかなか落ちない靴下の汚れを、一発できれいに落とす洗濯法があります。

洗濯機に放り込む前に、靴下の中にビー玉を5〜6個入れておく、それだけなんです。洗濯機の中でビー玉がこすれ合っているうちに自然と汚れが落ちるという仕組みです。

靴下の口を結んでおかなくても、遠心力でビー玉は飛び出したりしないので、ご心配なく。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技


身だしなみ術@一人暮らし:意外なもので簡単シミ抜きのコツ

紅葉のシミにはレモンが効果的

レモンティーを飲んでいて、お気に入りの服に紅茶をこぽしてしまった!そんなときはあわてなくても、目の前にあるレモンでシミ抜きができます。

まずは、レモンを搾る感じでシミに押しあてます。
次に、服の裏にティッシュをあてながら、水でぬらしたハンカチかタオルでシミになった部分をたたくようにします。

大半のシミはこれでとれます。

ただし、これはあくまで応急処置なのであとでしっかりと水洗いしてください。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

身だしなみ術@一人暮らし:意外なもので簡単シミ抜きのコツ

しょう油のシミは調味料で落とす

しょう油でつけたシミは、そう簡単には落ちないものが、どこにでもある身近な調味料を使えば大丈夫なんです。

まず、塩1グラムと砂糖2グラムを、それぞれカップ4分の1杯のお湯に溶かして2種類の溶液をつくります。

溶液が冷めたら、シミの裏にあて布をし、使い古した歯ブラシでシミの表から塩水をたたき込みます。そのまま10分ほど置き、今度は同じ要領で砂糖水をたたき込みます。

多少手はかかりますが、この塩と砂糖の二段攻撃でしょう油のシミは驚くほどきれいにとれてくれます。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

身だしなみ術@一人暮らし:意外なもので簡単シミ抜きのコツ

卵黄のシミには大根が効く

卵かけご飯や目玉焼きを食べていて、うっかり服に卵の黄身のシミをつけると、こすり洗いしてもこれが意外に落ちないものです。
ところが、大根を使うと不思議なぐらいきれいに落ちてしまいます。

布の裏にタオルをあて、大根の切り口でシミをたたくようにします。
大根の汁に効果があるので、切り口が乾いたら、新たに切って新鮮な切り口でたたきます。根気よくトントンやっているときれいになります。

大根はタンパク質のシミにも効果を発揮するので、血液のシミ抜きにも使えます。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

身だしなみ術@一人暮らし:意外なもので簡単シミ抜きのコツ

油ジミは、すぐお酢で対処

シミ抜きの鉄則は、つけたらすぐに対処することです。
レストランなどで洋服に油を飛ばしてシミをつけてしまったら、すぐにお店の人に頼んで酢をもってきてもらいましょう。

まず、きれいなお手拭きやタオルを、シミのついた服の裏にあて、ハンカチに酢をつけてシミの上からトントンとたたきます。

そのあと化粧室で、そこだけサッと水洗いすればきれいになります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。