一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

電子レンジの二オイ消しはレモンで

電子レンジの中には、いろいろな食品のいりまじったニオイがこびりついてしまいます。
このニオイを一発で消してくれるのがレモンです。

余ったレモンの切れ端に切れ目を入れて、耐熱皿にのせて電子レンジで30秒から1分間チンします。
そのまま1時間ぐらい扉を開けずにおくと、ニオイはきれいに消えています。これはレモンの香りでニオイをごまかすのではありません。

レモンの香りの成分が悪臭のもとを包み込んでくれるのです。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技


らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

シンクまわりは歯磨き粉で磨く

シンクまわりを意外なものできれいにするアイデアです。
終わりかけの歯みがき粉で、油汚れが簡単に落ちるのです。

まず、歯みがき粉のチューブに水を入れます。
ふたをして、中に残った歯みがき粉が水に溶けるようにチューブをよくもみます。

この中身をスポンジにつけてシンクを洗えば、クレンザーの代わりになるのです。歯みがき粉には、もともと歯垢を落とすための研磨粒子が入っています。しかも、その研磨粒子はとても細かいから、シンクに傷をつけることもないのです。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

油汚れは油で落とす?!

油汚れを油でとる方法もあります。

これも使い残しの揚げ油でOKです。

布に油をしみ込ませて油汚れの部分に貼り、30分ほど置いておきます。
そのあと、ペーパータオルで拭き取ると、こびりついていたべ夕べタ汚れも簡単にとれます。

表面に薄く残った油は、使い古したメガネ拭きの布で拭くときれいにふき取れます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

レンジまわりの油は小麦粉でとる

たまにはりきって揚げ物をしたはいいのですが、レンジのまわりに飛び散った油汚れの掃除が大変です。

最近はレンジまわり用洗剤も出まわっていますが、揚げ物をしたあとに残る小麦粉でも汚れはきれいに落とすことができます。

油汚れに小麦粉をふりかけて、お湯で絞ったぞうきんで拭き取るだけです。

小麦粉が油を吸って、簡単に汚れが落ちてくれます。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

排水口の二オイを消すコツ

シンクの排水溝のニオイを一瞬で消す方法があります。
ボウル一杯の水にカップ一杯の食塩を溶かして濃い食塩水をつくり、これを排水溝に流し入れるます。
10分もたてば、きれいにニオイは消えてしまいます。水分を吸収する性質のある塩が、汚れと一緒にニオイも取り去るからです。

もし排水溝に汚れが残っていたら、古くなった歯ブラシで掃除ブラシをつくってこすると、簡単に落ちてくれます。
古歯ブラシを4本、背中合わせに兼ねて針金で留めると、排水溝用掃除ブラシのできあがりです。
シンクのそばに置いておいて小まめに掃除すれば、排水溝のニオイとはおさらばです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

夏の生ゴミを冷凍する究極のワザ

生ゴミの収集は、たいてい過に2回です。
なので最低でも3日間は、ゴミ箱の中に生ゴミをためこむことになります。
夏ともなれば、ゴミ箱の中で生ゴミが腐って、台所はおろか家中におうことになってしまします。

夏は思い切って生ゴミを冷凍してしまうという方法もあります。
生ゴミといっても、出たばかりのときは新鮮なただの食品クズです。ポリ袋に包んで冷凍庫で冷凍させ、収集日にはそのまま出せばゴミ箱の中で腐ることもありません。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

生ゴミ処理には新聞紙を使う

一人暮らしに45gといった大きなゴミ袋は不要というわけで、ゴミ箱にスーパーやコンビニのポリ袋を入れて、生ゴミを捨てている人が多くいるようです。
ゴミ袋代が節約できて賢い手ですが、難点は「ポリ袋のどこからか汚水がもれてゴミ箱がにおう」ということです。

これを防ぐために新聞紙を活用します。
ポリ袋の底に新聞紙を敷いて生ゴミから出る汚水を吸い取らせます。
こうすればゴミ箱に汚水がもれることもないし、におうこともなくなります。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

らくらく掃除術@一人暮らし:ゴキブリ追放!のキッチン掃除

三角コーナーは使わない

キッチンの悪臭のもとといえば、何といっても生ゴミをためる三角コーナーです。
腐った生ゴミからは、悪臭ばかりか細菌も発生しますし、ゴキブリを呼び寄せるもとにもなるので、なるべく使いたくないものです。

三角コーナーを使わずにすむ方法としては、スーパーで、豆腐など水ものを入れるために置いてある小さなポリ袋を使うという方法があります。

野菜のクズなどは、これにためて、料理が終わるごとに小まめにゴミ箱に捨て、魚は新聞紙を敷いたまな板の上でおろし、アラはそのまま新聞紙に包んでゴミ箱へ。

この方法なら三角コーナーは不要になります。見た目にもシンクまわりがすっきりして、おまけに掃除の手間もはぷけます。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。