一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

簡単クッキング@一人暮らし:使える調理道具の選び方

自炊派は炊飯器にこだわろう

毎日、ご飯を炊く自炊派なら、炊飯器にだけはこだわりたいものです。

おすすめは、ズバリ「IH方式の電子ジャー」。

ふつうの炊飯器よりちょっと値段は高目ですが、1合のお米でも非常においしく炊くことができます。

ご飯がおいしいと、それだけで自炊しようという気になるものです。
値段以上の価値は絶対にあるはずです。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技


簡単クッキング@一人暮らし:使える調理道具の選び方

土鍋は二つあると重宝します

一人暮らしでも、ときには仲間を集めて食事を楽しみたいものです。そんなとき、もっとも手軽なのが鍋料理です。

鍋料理は、大勢で食べてこそおいしいのです。野菜や魚、肉などを適当に入れて水炊きにすれば、ダシなどそう工夫しなくても、ポン酢で食べれば十分おいしいものです。

参加者が材料を持ち寄れば、費用もたかが知れています。鍋料理をするためには、携帯コンロと大きめの鍋(中華鍋でも可)が必要ですが、携帯コンロは一人のときにもいろいろ使えます。

小人用の土鍋があれば、煮込みうどんも作れるし、風邪をひいたときのお粥もつくれます。

土鍋は宴会用と一人用と二つあればベストですし、それだけの価値はあります。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

簡単クッキング@一人暮らし:使える調理道具の選び方

揃えておくと便利な道具は?

中華鍋以外に必要な鍋類といえば、同時にもう一品料理をつくるための(たとえば味噌汁やパスタソース)小型の片手鍋くらいのものでしょうか。

小食の女性なら、一人分のおかずをちょこっとつくるときのためのミルクパンでも加熱するための道具はこれくらいで十分です。

あとは、包丁まな板(大きめのプラスチック製がベスト)は当然として、やかん、ステンレス製のザルボウル(火・中・小)、おたましゃもじ、フライ返しか木製のしゃもじ、おろし金です。

そのほか、ピーラー(野菜の皮むき器)、バット(揚げ物をつくる人のみ)、焼き網(焼き魚用グリルがない場合)といったところ。

調理用具はシンプルに、が原則です。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

簡単クッキング@一人暮らし:使える調理道具の選び方

これひとつあればどんな料理もできます

一人暮らし自炊するためには、どんな調理道具が必要なのか?

極端にいえば、小ぶりの中華鍋一つあれば、たいていの料理はできてしまいます。

まず、炒め物は当然として、インスタントラーメンをつくるのも、野菜やパスタをゆでるのも簡単。目玉焼きや揚げ物だってできてしまいます。

落としぷたをすれば煮物もOK。セイロをのせれば蒸すこともできます。

さらに土鍋代わりにして鍋物も可。一人暮らしにとっで、中華鍋は絶対の必需品といえます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。