一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

防犯&セキュリティ@一人暮らし:空き巣を絶対に寄せつけない極意

防犯グッズで自己防衛を

犯罪が急増している昨今、さまぎまな防犯グッズが売られています。オートロックつきの物件に住んでいないのであれば、こうしたものを利用するのも一つの手です。

とくに女性の一人暮らしの方におすすめするのが、自分で簡単にとりつけられるドアのカギです。二重ロックにしておくと安心です。
サッシ窓につけるカギもあるので、1階に住んでいる場合は、窓も二重ロックにしておきましょう。

また、カギを開けるときに、いっしょに滑り込まれないよう、カギに防犯ブザーをつけておくという手もあります。







一人暮らしの裏技・小技・隠し技


防犯&セキュリティ@一人暮らし:空き巣を絶対に寄せつけない極意

長期の留守で気をつけることは

長期間、家を留守にするときは、なるべくそれと悟られないようにすることが肝心です。たとえば、郵便受けに山のように新聞がたまっていれば、誰が見ても留守だとわかってしまいます。

こういう時は販売店に電話をして、新聞はかならずストップしてから出かけるようにしましょう。

また、あえてカーテンや雨戸は開けておき、玄関の電灯だけでもつけておくという方法もあります。

出かける際には、管理人や大家にひと声かけていくことも忘れないように。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

防犯&セキュリティ@一人暮らし:空き巣を絶対に寄せつけない極意

「ちょっとそこまで」が狙われる

警視庁の調べによると、空き巣被害にあった家の3割がカギのかけ忘れが原因です。また、ある警備保障会社の調査では、空き巣に入られた時間帯のトップは昼の1時〜4時で38%と報告されています。

昼間に入る空き巣がいちばん多いとは意外ですが、「ちょっとそこまで」と軽い気持ちでカギをかけずに外出している間が、もっとも危険というわけなんです。

マンション前の自動販売機にジュースを買いに行くのでも、ゴミ出しするのでも、とにかく、どんな少しの間でも部屋を出るときは、かならずカギをかける癖をつけるようにしましょう。

また、マンションの高い階に住んでいるからと油断して、ベランダのカギをかけないのもよくありません。
雨どいづたいに登ってきたり、隣の部屋のベランダから侵入されるケースも少なくないからです。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

防犯&セキュリティ@一人暮らし:空き巣を絶対に寄せつけない極意

ワンドアー・ツーロックがベスト

警視庁の調べでは、空き巣や強盗など”侵入盗”の被害の37.1%が、マンションやアパートなど集合住宅で起きています。
留守がちな一人暮らしのマンション、アパート住まいは侵入盗のかっこうの狙い目なのです。

侵入盗を防ぐもっとも有効な対策は、メインのカギの他にもう一つ補助のカギをつけること、つまりワンドアー・ツーロックです。

「カギ開け3分、物色5分」といわれ、空き巣はカギを開けるのに3分以上はかけたがりません。二つのカギをかけておけば、空き巣は途中であきらめてしまいます。
もちろん部屋にいるときは、かならずドアチェーンをかけておくのも忘れずに。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。