一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

暮らしのトラブル@一人暮らし:近所付き合いの方法

家の近所に仲間をつくる知恵

一人暮らしで、しかも「近所に誰一人友人がいない」なんて生活は、寂しすぎます。やはり「地元友達」は必要です。

地元友達のつくり方ですが、学生なら、地元でバイトするのがいちばんの近道です。昼間働いている人の場合は、夜、仕事帰りに立ち寄る飲み屋や定食屋が、気の合う人と知り合うチャンスの場です。

だいたい、自分が居心地のいい店には、似たタイプの人間が集まるものです。つまり、自分のお気に入りの店を見つけることが、地元友達をつくるいちばんの近道というわけです。ただし、地元の飲み屋や定食屋は、たいてい常連でいっぱいです。常連客の多い店は意外と閉鎖的だったりもします。だから、通い始めてすぐに、他の客になれなれしく話しかけたりはしないことです。

気に入った店を見つけたら、まずは通う。そして、常連客たちの性格やクセが何となくつかめてくれば、友達をつくるきっかけをつかむのは、さほどむずかしくはありません。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技




暮らしのトラブル@一人暮らし:近所付き合いの方法

管理人、大家さんと上手につきあうコツ

一人暮らしの場合、近くに住む管理人や大家とは、特に仲よくしておくに限ります。そのためには、まず何といっても家賃を滞納しないことです。

そして次に気配り。たとえば、長期間留守にするときは前もって知らせる、帰省したり旅行をしたときはお菓子程度でいいからおみやげを届けるなど、ちょっとした気配りがのちのち必ず役に立ちます。

たとえば、急病になったときに何かと助けてもらえます。また、隣の住人とトラブルになったときも、「○○さんはいい人だ。そんな人じゃない」と、味方になってもらえることもあります。

さらに、マンションを出るときの敷金返還の際にも、大家や管理人とのふだんのおつきあいしだいで、返金額が違ってくると証言する不動産屋が少なくありません。管理人や大家と仲よくして損になることは、まずないといえます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:近所付き合いの方法

引っ越し後の挨拶が肝心

近所の人とことさら仲よくつきあう必要はないが、顔を合わせたら、お互いにこやかに挨拶をかわすぐらいの関係は築いておきたいものです。

そのための第一歩は、引っ越しの挨拶です。昔から「向こう三軒両隣」と言いますが、マンションだったら、隣だけでなく管理人や上下階の人にも挨拶したほうがいいでしょう。

洗剤やタオルなど簡単な品物をもって自己紹介をします。同時に相手の情報もそれとなく聞いておきましょう。

一人暮らしは、いつ何どき隣人の世話になるとも限りません。たとえば、宅配便を預かってもらうことがよくありますし、部屋で一人のときに大ケガしたり、急病になったとき、隣人に実家や友人に連結をとってもらうことだってあるかもしれません。

引っ越したらすぐ、両隣と上下の階の人に、ひと言挨拶しておきましょう。そして、暮らし始めてからも、顔を合わせたら、愛想よく挨拶することを忘れずに。日頃から愛想よくしておけば、いぎというとき、いろいろ頼みやすい。何事も最初が肝心です。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。