一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

スピーカーの下にタブーなものは?

スピーカーの下にブロックなど硬いものを置くと音がよくなりますが、防音という意味ではまるで逆効果なのです。

ステレオがうるさいと苦情をいわれるようなら、マットなど軟らかいものを敷くしかありません。

一人暮らしの裏技・小技・隠し技


暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

多少の音が許される時間帯は?

いままであげた防音対策を全部実行したとしても、音漏れを完全に防げるわけではありません。
音が響きやすい夜間・早朝は、なるべく静かに過ごすのがマナーです。

では、何時から何時までなら、多少うるさくしても許されるのか?

役所の環境保全課などでは、「午前11時から午後9時までが限度」としています。部屋で友達とワイワイ宴会したり、音楽をガンガンかけるのは、この時間内にしましょう。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

ベランタの履物には要注意

ベランダを歩く音は、履物によってかなり違う。

最悪なのは、下駄のような底の硬い履物です。

ペタペタ鳴るサンダルも意外に響くものです。

理想はスニーカーですが、サンダルしかないのなら歩き方に注意しましょう。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

部屋の音漏れを防ぐコツ

防音対策の基本は、中の音を外に逃がさないことですが、ドアや窓をちゃんと閉めていても、音はほんのわずかな隙間からもれていくものです。
音漏れを減らすには、この隙間をなるべくなくすことです。

市販のスポンジ製の隙間テープで、ドアの隙間、サッシと窓枠の隙間に貼る。そのうえで施錠すれぼ、音漏れはかなり減ります。





一人暮らしの裏技・小技・隠し技


暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

電話機のベル音は小さめに

隣の部屋の電話のベルがよく聞こえるようなら、あなたのところにかかってくる電話のベルもよく聞こえるということです。

ベルの音量は小さめにしましょう。
また、電話機の下にクッションなどを敷いておいても、音は小さくなります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

椅子の脚には「すべるシー卜」を

フローリングの床に、ダイニング用の椅子を置いている人は、椅子の脚に「すべるシート」を貼ることをおすすめします。

これは本来、家具のすぺりをよくして、フローリングを傷つけないためのシールなんですが、階下への防音対策にも効果を発揮してくれます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

風呂に静かに水を入れるワザ

深夜に帰宅して、お風呂に入る。
こんなとき、意外に響くのが、浴槽にお湯を入れるときのジャージャーという音です。

音が響かないようにするためには、蛇口のところにタオルを結び、浴槽の底までたらしてお湯を入れるようにすると防音効果があります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

夜中の洗濯機の音を防ぐには

一人暮らしでは、夜中に洗濯せざるをえないケースも多いものです。

しかし、マンションやアパートでは、夜中の洗濯機の音はかなり響きます。

洗濯機の下には、市販の防振マットを敷いておくのがマナーです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

スピーカーの下には防振マットを

フローリングの難点は、音が響きやすいことです。

スピーカーを床に直接置くと床が共振し。部屋全体がスピーカーボックスのようになってしまいます。
これでは隣や下の階に住む人はたまりません。
スピーカーを床に置く場合は、かならずスピーカーの下に防振ゴムマットを敷くことをお勧めします。

防振ゴムマットは楽器店で売っています。厚さ2センチのピアノ用で5000円前後。ちょっと高いかもしれませんが、防音効果に加えて、余計な共振がなくなる分、音質もグッとよくなるはずです。そう考えれば安い買い物だと思います。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:いますぐできる防音対策法

背の高い家具を有効利用する

壁が厚いほど、隣室への音もれは減ります。そこで、家具に壁の役目をさせる方法です。

本棚洋服ダンス、縦長の隙間収納家具など、背が高くて厚みがある家具を隣室と接する壁面にずらっと並べるのです。多少なりとも防音効果があります。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。