一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

暮らしのトラブル@一人暮らし:しつこい勧誘の撃退法

キャッチセールスはとことん無視する

街角で声をかけてくる「キャッチセールス商法」の被害も急増しています。

「アンケートに答えてもらうだけでいいんです」などという誘いにのると、高額の化粧品を買わされたり、エステティックの契約をさせられたりする場合があります。

街で声をかけられても相手にしないことが一番です。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技


暮らしのトラブル@一人暮らし:しつこい勧誘の撃退法

電話セールスにひっかからないコツ

郵便や電話で、「特別キャンペーンにあなたが選ばれました」とか「特別会員セールにご招待します」とかいった文句で誘う「アポイントメント商法」にもひっかかりやすいものです。

のこのこ事務所などに出かけていくと、長時間の勧誘の末に契約させられてしまうことが多々あります。

何はともあれ、うまい話にはのらないことが一番大切です。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:しつこい勧誘の撃退法

消防署や保健所を名のったらご用心

一人暮らしの人がひっかかりやすい、定番の危ない商法がいくつかあります。

まず「かたり商法」と言われるものです。
「消防署の防災対策関係の者ですが、最近このへんは放火の被害が増えていて」などといって消火器を売りに来たり、「保健所のほうからまいりました・・・」といって血圧計、健康食品、避妊具などを売りつけたりする連中のことを言います。

消防署や保健所が商品を売ったりすることは決してありません。絶対にだまされてはいけません。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:しつこい勧誘の撃退法

訪問販売を追い出す会話術

訪問販売のセールスマンの間では、「相手と会話できればほぼ成功」と言われているそうです。逆にいえば、相手に話をさせたらおしまい、というわけなんです。相手がベラベラしゃぺりだす前に、さっさと追い返すうまい口実を紹介しましょう。

まず、一番しつこいといわれる宗教関係の勧誘の場合。
「宗教が違う」と言えば、ほとんどの場合、あきらめて退散してくれます。

新聞の勧誘の場合は、「父が別の新聞社に勤務しているもので・・・」と言うのがいうのがいいです。

語学教材などを売りつけられそうになったら、「帰国子女なので必要ありません」とハッタリをかますのも手です。

そしてどんな場合にも有効な賢い方法としては、玄関に出るときに、携帯電話やコードレスの受話器をもっていく。「いま、電話中なので・・・」と言えば、相手はどうすることもできません。
あきらめて帰ってしまいます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

暮らしのトラブル@一人暮らし:しつこい勧誘の撃退法

アポなし来訪者には、こう対処する

「見知らぬ訪問者には不用意にドアを開けない。」これは、特に女性の一人暮らしの場合は、鉄則といっていいと思います。

悪徳商法、あやしい宗教団体、そして犯罪者。彼らは言葉巧みにドアを開けさせようとしますが、その手にのっては絶対ダメです! 

自称新聞勧誘員、宅配便の配達員が、いつ強盗や暴行犯に変身するかわからないご時世です。玄関のチャイムが鳴ったら、すぐ応答せずに、まずはドアの覗き穴から外にいる人物を自分の目で確認しましょう。明らかにあやしかったら、居留守を使うことです。

とりあえず応答するにしても、まずはドア越しに話をしましょう。いくら聞いていても相手が社名や肩書を名乗らず、名前しかいわない場合は特に気をつけたほうがいいです。

ドアを開ける場合も、かならずドアチェーンをして開けるように。仮に変な人物であっても中に入らなければ相手はどうしようもないのです。
そのうちあきらめて帰ってくれます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。