一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

すっきり収納@一人暮らし:収納スペースをうまく作る知恵

壁の凹んだ部分を使う裏ワザ

ワンルームマンションには、ほんの申し訳程度のクローゼットしかないことが多いものです。しかし、頭と道具を使えば、まだまだ収納スペースを生み出すことができます。

たとえば柱の出っばりのせいで、壁が凹んでいるのなら、ここに突っぱりポールを渡す。洋服をかければ”扉のない立派なクローゼット”になります。

同じく、突っぱり棚をとりつければ、その上は物置になります。

DIY店をこまめに探すと、あなたの部屋にぴったりの収納グッズが見つかるはずです。それをどう利用するかは、想像力の働かせどころです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技


すっきり収納@一人暮らし:収納スペースをうまく作る知恵

籐のカゴやバケツを使ってすっきり!

テーブルの上には各種のリモコンに携帯電話、街でもらったポケットティッシュなどなど。床には、ビデオテープや本が散らばっている・・・。

これは一人暮らしの部屋によくありがちな光景ですが、こんな乱雑な部屋も大きなカゴかバケツが一つあるとたちまち片づいてしまいます。

とにかく散らばっているものは全部その中に放り込む。それだけでずっと部屋がすっきりするのです。
カゴやバケツが一つで足りないときは、同じものをいくつか用意します。カゴやバケツのデザインがしゃれていれば、それだけで”見せる収納”にもなります。


籐 茶 傾斜丸50cm
【名調売れ筋商品】籐製醗酵カゴ 丸型 2540 22cm



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:収納スペースをうまく作る知恵

和室は”鴨居”のここに注目

和室の鴨居にハンガーをかけるのは、誰でもやっていますが、あんまりカツコいいものではありません。

鴨居で注目したいのは、やはりコーナーです。三角形の板を手づくりして渡すのもいいですが、DIY店に行けば鴨居専用の”渡し棒”が手に入ります。

これを鴨居のコーナーにのせるだけで、その上にかなりの収納スペースが生まれるし、ハンガーをたくさん吊るして、洋服かけにもなります。






一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:収納スペースをうまく作る知恵

部屋のコーナーを有効利用する

どんなに狭い部屋であってもコーナーはあるものです。
収納スペースが足りないというのなら、ここを利用しない手はありません。

DIY店には、コーナー用の収納家具(三角形の棚やラック、チェスト、カップボードなど)がたくさんあります。値段も1000円前後からあります。床から天井まで積み重ねて”見せる収納”を楽しんではいかがでしょうか?




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。