一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

すっきり収納@一人暮らし:クローゼットに賢くしまう知恵

ネクタイやスカーフは、こう吊るす

ネクタイやスカーフは、台所で使うふきんハンガーに吊るすと、場所をとりません。段差があるので、閉じた状態でもネクタイやスカーフの柄がわかります。


>一人暮らしの裏技・小技・隠し技


すっきり収納@一人暮らし:クローゼットに賢くしまう知恵

肩パットのあるブラウスをかけるコツ

針金ハンガーは肩パットのあるブラウスをかけるにはちょっと不向きですが、両肩の部分にラップの芯を二つに切ったものを差し込むと使えます。

ラップの芯は真ん中から斜めに切って、尖ったほうを先にするのがポイントです。
ふつうのワイシャツをかけるときも、この特製肩パットのおかげで型崩れしにくくなります。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:クローゼットに賢くしまう知恵

ハンガーには滑り止めを

シルクやポリエステルなどのブラウスはつるつるしてハンガーからずり落ちやすいものです。

しかし、ハンガーの両肩の部分に輪ゴムを3本ずつ巻きつけておくと、それだけで滑り止めになります。

次は、ハンガーにスラックスをかけるときの滑り止めのつくり方です。これは、スポンジタワシを厚さ5ミリ、幅1センチくらいの大きさに切り、ハンガーのズボンかけの部分に何本か並べて、接着剤で貼りつけるだけで完成です。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

すっきり収納@一人暮らし:クローゼットに賢くしまう知恵

S字フックを利用して収納力をアップ

狭いクローゼット収納力を高めるには、約10センチ長さのS字フックの利用がおすすめです。
ハンガーをS字フックにかけてからポールに吊るすと、ふつうにポールにかけたハンガーより肩の部分が低くなります。

コートやワンピースなどはそのまま、ジャケットなど丈の短いものはS字フックを使ってハンガーにかけると、”段差”のせいでクローゼットの収納力がグンとアップします。




人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。