一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

理想的な部屋づくり@一人暮らし:壁を傷つけずに飾る裏ワザ

壁を飾ったらタバコの煙にご用心

キズつけずにうまく壁を飾ったとしても、スモーカーは、ここで気を抜いてはダメです。でないと、引っ越しのときに後悔することになってしまいます。
無頓着にタバコを吸っていると、どうしてもヤニで壁紙が黄ばんでしまいます。

壁全体がまんペんなく黄ばんだのなら、大家に文句をいわれたとしても、「自然に古びた」とごまかせますが、ポスターなどを飾ると、その背後だけは、元の壁の色に保たれてしまいます。

まだらの壁では、タバコのヤニで汚れたとすぐバレてしまいます。
高額の壁紙の貼り替え代をとられても、文句はいえないのです。
これがイヤなら、とにかく換気。タバコを吸うときは、かならず換気扇を回すか、窓を開ける。あるいは、空気清浄機をONにすることを心がけてください。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技



理想的な部屋づくり@一人暮らし:壁を傷つけずに飾る裏ワザ

帽子は”吊るして飾る”

自慢のキャップ、ハットは、次の方法で壁に飾りましょう。インテリアとして楽しめるし、形崩れも防げて実用的でもあります。

用意するモノは画びょう、釣り糸に使うテグス、クリップか、おしゃれな洗濯ばさみ。まず、天井と壁の角に間隔をあけて画びょうを刺します。そこから60〜80センチの長さのテグスをたらして、先にクリップを結びつけ、帽子をはさめばOKです。

帽子が一直線に並ばないように、テグスの長さを変えるのが、カツコよく見せるコツです。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技


理想的な部屋づくり@一人暮らし:壁を傷つけずに飾る裏ワザ

ポストカードを飾る裏ワザ

アートタイプのポストカードを壁に飾ると、インテリアのアクセントになりますが、1枚だけ飾るより、3〜4枚まとめて飾るのがセンスよく見せるコツです。

また、ときどき新しいカードに交換すると、気分が変わっていいものです。というわけで、”壁をキズつけずに飾れて、カードの交換も簡単”にできる裏ワザを紹介しましょう。


カードを3枚飾るなら、古封筒を3枚用意します。請求書やダイレクトメールの古封筒でOKです。四隅を小さく三角に切り取って、裏に水ノリを塗ります。これをカードの四隅にかぶせて壁に貼ります。
これなら、カードの入れ替えは簡単だし、はがした跡は、ぬれぞうきんで拭けばきれいに落ちます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技


理想的な部屋づくり@一人暮らし:壁を傷つけずに飾る裏ワザ

ポスターはホチキスで貼る

璧に画びょうでポスターを留めると、はがしたとき穴が目立ってしまいます。いや、そもそも画びょうが目立っては、せっかくポスターを貼ってもカッコ悪いものです。

そんな難問を解決するポスター貼りの秘密兵器がホチキスです。
やり方は、まずホチキスを180度に開く。ポスターをはる位置を決め、左手で押さえ、四隅にホチキスをあてそのままパチン! 上から垂直に一気に押しっけるのがコツです。ホチキスの針は細いのですが、1本で2点押さえるので、しっかり留まります。最後に、針の見える部分を、ポスターの色に似た油性ペンで塗れば針はほとんど目立たなくなり、ポスターのイメージも壊さなくてすみます。

ポスターをはがしたとき、あいた穴は虫眼鏡でも使わないと、まずわからないものです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。