一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(インテリア編)
一人暮らしの裏技・小技・隠し技のショッピング(日用雑貨編)

オーダー家具【FOGA】の資料請求はこちらをクリック。
大人気の「夜も透けないミラーカーテン」販売中! インテリアコンポ

部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

本命物件は夜も下見しよう

本当に気に入った物件は、契約書にハンコを押す前に、昼間だけでなく夜、休日だけでなく平日にも下見に行きたいものです。

騒音の有無や、夜はまるで人けがなくなるなど、最初の下見とは印象がまったく違うこともよくあることです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技




部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

部屋代を上手に値切る極意

ここ数年、賃貸物件はダプつき気味です。なので家賃が値切れることもあります。

しかし、これにはタイミングが大切。

まず、最初から「もっと安くならない?」では相手にされないこともあります。いろいろ物件を見て、どうしてもこれに決めたいというとき、家賃が不動産屋に伝えてある上限を超えていたら、「あと50OO円、なんとかなりませんか?」と切り出してみましょう。
その時の、あなたの苦しげな表情が最大のポイントになります。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

不動産屋に行くときは服装が肝心

不動産屋には、これから住もうとする住人がどんな人物か、大家に代わって「面接」するという役目もあります。

となれば、不動産屋に出かけるときは、服装に注意するに越したことはありません。

別にネクタイまでする必要はありませんが、清潔で、そこそこきちんとした服装なら、イメージはよくなるものです。特に「裕福な大家さんが経営する割安物件」を狙うときは、絶対条件と言えます。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

店頭の貼り紙で信頼度をチェック

不動産屋の店頭には、さまざまな物件の間取り図などが貼られていますが、気に入ったものがあっても、「あ、あれはもう決まっちゃった」という不動産屋は、あまり信用できません。

要するに、店頭の貼り紙は客を釣るためのダミーかもしれないのです。良心的な不動産屋は、決まった物件の貼り紙はすぐに撤去するものです。

また、貼り紙が黄ばんでいるような店は、物件の回転が悪い証拠。避けたほうが無難です。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

水曜日の不動産屋は避ける

不動産屋を訪ねるのは、比較的ヒマな平日の午前中がベストですが、会社によっては水曜日を避けたほうがいい場合があります。

なぜなら、水曜日は大手の住宅情報誌の発売日だからなんです。

つまり、もしその雑誌に情報を掲載している不動産屋だと、この日は、住宅情報誌を見た読者からの問い合わせが殺到。てんてこ舞いの忙しさになることがあります。

こういう時は、せっかく訪ねても、ていねいに応対してもらえないことが多いものです。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

親切な不動産屋の見つけ方

どんな世界にも良心的な会社と悪徳会社があるものですが、いい不動産屋は意外とクチコミで見つけられます。

たとえば、引っ越したい地域に住んでいる友人や、駅周辺の気のよさそうな八百屋のおじさんなどに、「いい不動産屋さん知らない?」と聞いてみます。
そして紹介してもらったら、さっそく電話です。
「以前、部屋を世話していただいた○○さんから、とても親切な不動産屋さんだということで紹介してもらったんですが・・・」

こう言われて悪い気がする人はまずいないものです。きっと誠心誠意、いい物件を紹介してくれるはずです。




一人暮らしの裏技・小技・隠し技

部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

譲れない条件を三つ出す

賃貸物件の条件は、家賃、間取り、駅からの距離、日当たり、閑静かどうか、収納スペースなどいろいろありますが、最初から細かく条件を決めてしまうと、まず見つからないものです。

譲れない条件は三つぐらいに絞り、それをきちんと不動産屋に伝えることが大切です。



一人暮らしの裏技・小技・隠し技

部屋探し&引越し@一人暮らし:不動産会社と付き合うコツ

家賃の予算は少なめに伝える

かりに家賃の予算が7万円までだとしても、不動産屋には6万5000円と低めに言っておきましょう。

予算はたいていオーバーするものです。7万円でいい物件があっても、こちらがすぐにウンといわなければ、まけてくれることもありうるものです。


一人暮らしの裏技・小技・隠し技

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。